アディダスのエナジーブーストは良いランニングシューズ!

アディダスでランニングシューズを探している方は多く要るとおもいます。

そこでアディダスのエナジーブーストの紹介をします。アディダスのエナジーブーストは優れものでランニングのことだけを考えて作られた靴です。

ランニングシューズを探している方の少しでも参考になれば幸いです。

アディダスのエナジーブーストとは!

ソニックブーストの良いところは、アディダスの『ADIWEAR』という消耗を抑える機能がついていたこともあり、1300キロ走っても他のシューズよりは原型をとどめていた気がします。

さすがにクッション性が損なわれてきたような気もしていたので、変更することに致しました。

さて、今回シューズを変えるにあたって、当初はこんなことを考えていました。

boostフォームもいいけどそろそろサブ4目指したいな…。
軽いシューズでよりスマートに走りたいかも!
…こんなイメージはしていたのですが、最近実は以前よりかなり走る距離が減ってしまいました。

一年前は月に100キロは当たり前で100キロでも少ない感じだったのですが、最近は50キロ未満ということも増えてきました。

原因は自分の環境の変化でバタバタしていたためです。

なかなかマラソンをする時間を作れなくなってしまい、距離も減ってきました。

ですので、実際三代目を探している時に最初変える予定だったアディダスでもサブ4を目指すシューズ『アディゼロ Japan』シリーズを狙っていたのですが…今そのシューズを履くと、確実にケガをする自信がありました。w

それくらい筋力も肺活量も以前より落ちてるので、少し怖い部分もあったのです。

ですので、それよりも毎日ケガをせず長く履けるシューズを選ぼうと思ったのです。

そうなるとやはり大切になってくるのは、シューズを出来るだけ長持ちさせられ、なおかつboostがしっかりしているシューズという形になったのです。

そして様々なシューズを試履きした結果、今回の『energy boost 2/エナジーブースト2』にたどり着いた感じです。

カラーリングも様々なものがありますが、私はオレンジが入った靴下やランニングウェアの種類が多いので、今回もオレンジが少し入ったカラーに致しました。

ソニックブーストとエナジーブーストの違いと言えば、boostフォームの含有率です!

私がソニックブーストを購入したのは「クッションがありすぎてもな…」と少しブーストフォームをまだあまり信用していなかったためです。w

ですが、一年間履いてみて、本当にクッション性がよく、ケガを全くすることなく走れたので、さすがに今回はもっと含有率が高いものがケガをせずにまったり走るためには良いと思い、含有率が高めのシューズを検討したわけです。

エナジーブーストについてはなんとブーストフォームの含有率が90%!

ほとんどがブーストフォームでできているシューズになります