アデェダスのエースは最強のサッカースパイク!

アディダスのサッカースパイクのエースは本当に人気のスパイクで、誰もが欲しがるスパイクですね。

そこでアディダスのエースのよさをとことんと語ってみますね。ぜひ参考にして下さい。

アディダスのエースとは!?

アディダスから発表された新スパイクの「X(エックス)」と「ACE(エース)」。トッププレーヤーたちは6月6日にベルリンで行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝からこの新モデルを着用し、ピッチ上でのお披露目となる。

同社がこれまで展開してきた「アディゼロ f50」「パティーク 11プロ」「プレデター」「ナイトロチャージ」の4サイロに代わる2タイプの「X」と「ACE」。7月1日の一般発売を前に、サッカーショップKAMO横浜ビブレ店店長代理の助川義明さんに“試し履き”してもらった。

履き心地抜群の「X」
ドリブラーやFWにお薦め

まずは「X」から履いてもらった。何よりも特徴的なのは、ソックス一体型となった履き口部分。シューズ内蔵型のテックフィットソックスが足首周りのホールド性を高めることで、足ブレを緩和し、安定感につながるようだ。

「かかとのおさまりが初めての感覚ですね。ソックス一体型のスパイクは他にもありますが、『X』は靴の着脱も簡単で、締め付けられている感じがしません。足首はしっかりホールドされているけど、足全体としては楽さがある。こんなにしっかりハマって、かつ履き心地が楽なスパイクは初めてですね。窮屈感がありません」

これまでに味わったことがないようなフィット感を絶賛する助川さん。「方向転換や切り返しがスムーズにできそう」と、プレー面への効果も感じている。スパイクを裏返せば、L字型のポイントが目立つ「X」。この鋭角スタッドがグリップ力を高め、爆発的なスピードやアジリティーを生むという。

「踏ん張ったときにスタッドがしっかり刺さるので、一瞬の加速につながりそうですね。バイタルエリアやペナルティーエリアでの細かい動きにはもってこいのスパイクだと思います」

デザイン面ではアディダス伝統の3本線を排除し、イエローの蛍光色がひと際映える。ド派手なプレーでゲームを決める予測不可能なエンターテイナーに向けたスパイクとして開発され、海外ではMFガレス・ベイルやFWルイス・スアレス、日本人選手ではFW宇佐美貴史やMF香川真司、FW武藤嘉紀らが着用予定だが、具体的にどんなプレースタイルの選手にお薦めしたくなるだろうか?

「ドリブラーもいいですし、とにかくゴールを決めたい選手には『X』を薦めたいですね。一瞬の動き出しやキレ、スピードや瞬発力で勝負するタイプの選手にはピッタリだと思います。『これを履いたら俺もできるんじゃないか』『なんかいけそうだぞ』と思わせてくれるスパイクですね」

安定感とキック精度を高める「ACE」
ボランチやCBにピッタリ

続いて履いてもらったのが、その名が示すとおり「王道を極めるエース」のための新モデル「ACE」だ。こちらは伝統の3本線が入ったアディダスらしいデザインで、足を入れた瞬間、「足型に合わせて、360度全体がしっかりフィットする感じがします」と、そのフィット感に驚いていた。

自らゲームを創り出すプレーメーカー向けの「ACE」は革新的なアウトソールが特徴的だ。2種類のスタッドを合計43本も配置することで、ボールへの吸い付きやすさが増し、足裏への突き上げや衝撃も緩和する。

「ポイントが多い分、土台がしっかりしているので、足裏全体が地面に付く感じがします。他のシューズは足裏で段差を感じることもあるのですが、『ACE』はまるでトレシュー(トレーニングシューズ)を履いている感覚で、それでいてグリップもしっかりしている感じですね」

常に足を適切な向きとポジションに保つため、安定感もアップ。試合中の疲労軽減にもつながりそうで、運動量やインテンシティーを高めたい選手には最適なスパイクと言えそうだ。

「90分プレーしたあとの足の疲労感がどんな感じになるか気になりますね。『ACE』は靴を履いてないような感覚でできるので、僕でも90分間、走り続けられそうです」

3層から成るアッパー素材もボールへのグリップ力やクッション性を高め、トラップ時の吸収力やパス、キック時のインパクトなど、ボールコントロールに必要なすべての要素を兼ね備えている。海外ではMFメスト・エジルやMFオスカル、、日本人ではMF柴崎岳やDF内田篤人らが着用予定の「ACE」は、どんなタイプの選手が履くと良いだろうか?

一本の糸で編み上げられたニット素材をアッパーに使用。高い伸縮性によりさま ざまな足の形状にやさしくフィット。さらに、樹脂フィルムのコーティングによ り耐久性や形状維持性をも追求。やわらかい素足感覚でのボールタッチと長時間 の安定したパフォーマンスに貢献。

● コンプレッションフィットアンクル
シューズと一体化したミッドカットのソックスにより、足首まわりの優れたホー ルド性とシューズとの一体感を実現。長時間ブレにくい、安定したボールコント ロールやモーションコントロールをサポートします。

● トータルコントロールスタッド
14 本のメインスタッドと 29 本のサブスタッドで構成された計 43 本の丸型ス タッドを配置。ボール接地面積・グラウンド接地面積をより拡大することで、ボー ルとグラウンドへの吸い付きやすさを向上。優れたボールコントロール精度と 360°あらゆる方向への安定した動きに貢献。

● マキシマム 3 ストライプス
ピッチやグラウンドで強いインパクトを放つ、大きな 3 ストライプスを、中足部 の両サイドに配置。中足部のサポート性を強化するとともに、足全体の安定性を 向上。

● ネオジャパニーズマイクロフィットラスト搭載
● micoach speedcell 対応
● ハードグラウンド・ロングパイル人工芝対応